洗剤を使って定期的に換気扇を掃除する事が大切です

夫婦

手入れをして長く使う

調理器具

包丁の種類は様々ですが、違う材質を使っているものもあります。ステンレス、銅、セラミックが一般的に使われています。それぞれ特徴やお手入れの仕方は異なりますので、どのくらいの頻度やよく作る料理はどのような料理なのかなどによって、選ぶ包丁が違います。また、ステンレスや銅で作られた包丁は、刃が欠けて切れ味が悪くなった時に、砥石を使って研げば、購入した時のような切れ味の鋭い包丁に戻ります。包丁を研ぐ時に使う砥石は、堺の100円ショップなどでも購入することが出来ます。堺の100円ショップには、簡単に研ぐことが出来る簡易型の砥石が多く、それでも充分に包丁を研ぐ事が出来ます。また、テレビの料理番組やドラマなどで見かけることも多いプロの料理人が使うような砥石は、調理器具を販売している堺のホームセンターや堺の包丁専門店などで購入することが出来ます。セラミック製の包丁は、砥石を使ってお手入れをすることが出来ませんので、今自宅にある包丁の材質をしっかり把握しておくことが大切です。分からずにセラミックの包丁を研いでしまうと傷を付けてしまい、切れ味が落ちてしまう原因になります。

包丁の研ぎ方は、インターネットで調べることが出来ます。実際にプロの料理人の方がやっているブログや、料理の基本をわかりやすく紹介しているサイトなどで写真と一緒に掲載されていことがあります。それだけではわかりにくいという人は、動画投稿サイトで、実際に研いでる映像を見ることも出来ますので、そちらを参考にすると良いでしょう。